【DL版】1st EP「風船/このまま眠りつづけて」

【DL版】1st EP「風船/このまま眠りつづけて」

  • Digital
    500 JPY

ひっそりと活動しているバンド「未知の沼」の1st EP「風船/このまま眠りつづけて」です。 表題曲2曲+1曲の3曲構成 楽曲データとジャケットなどの画像ファイルをセットにしたデータ販売です。 ひっそりと活動しすぎて音源制作の着手に4年かかった我々の音源をぜひお楽しみください。 我々の説明は下記 二〇一五年結成。二〇一六年二月の初ライブより本格始動。メンバー毎に得意とするジャンルが違うという異色のバンド。メンバーそれぞれの得意ジャンルを持ち寄り一つの楽曲を作り上げるスタイルにより多様な作品をうみだしている。 メンバーは ひなの(vo.) メロウかつ力強い歌声で観客を魅了する未知の沼の紅一点。その高い表現力も魅力だが、可憐な姿とは裏腹にうっかり声量でマイクを壊しかねない声量オバケ。一部ライブハウスからは「PA殺し」と恐れられているとかいないとか…「未知沼のヤクザ担当」 中尾(下手Gt.) オールディーズを得意とする精神年齢が初老に差し掛かった20代男性。東へ良さげな古本屋があれば行って買い占めた本の束を負い、西へ良さげな古本屋あれば行ってやはり本の束を負い帰ってくる本の虫。「未知沼のクズ担当」 佐々木(上手Gt.) シューゲイザーを得意とする万屋。好んで聴く音楽は邦楽洋楽民族音楽までと多岐にわたる。また中尾と同様に文学も嗜む。鉱石なんかも好き。デザインもできる。写真も好き。つまり万屋。シューゲイザーを得意とするためか機材の重量はバンド内随一を誇る「未知沼のノイズ担当」 山田(Ba.) V系バンド、特にcali≠gariをルーツに持ち荒んだ青春時代を過ごす。青春時代の記憶は頭振っていた以外ほぼない。最近は「なんかよく眠れそう」と睡眠薬を養命酒で飲み込んだところ永眠しかけたらしい。それなのに「このバンド変なのしかいなぁい・・・」と愚痴を溢している「未知沼のメンヘラ担当」 以上四名である。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

風船/このまま眠りつづけて
未知の沼
Loading...
Cannot play
1風船
2このまま眠りつづけて
323時15分
ひっそりと活動しているバンド「未知の沼」の1st EP「風船/このまま眠りつづけて」です。 表題曲2曲+1曲の3曲構成 楽曲データとジャケットなどの画像ファイルをセットにしたデータ販売です。 ひっそりと活動しすぎて音源制作の着手に4年かかった我々の音源をぜひお楽しみください。 我々の説明は下記 二〇一五年結成。二〇一六年二月の初ライブより本格始動。メンバー毎に得意とするジャンルが違うという異色のバンド。メンバーそれぞれの得意ジャンルを持ち寄り一つの楽曲を作り上げるスタイルにより多様な作品をうみだしている。 メンバーは ひなの(vo.) メロウかつ力強い歌声で観客を魅了する未知の沼の紅一点。その高い表現力も魅力だが、可憐な姿とは裏腹にうっかり声量でマイクを壊しかねない声量オバケ。一部ライブハウスからは「PA殺し」と恐れられているとかいないとか…「未知沼のヤクザ担当」 中尾(下手Gt.) オールディーズを得意とする精神年齢が初老に差し掛かった20代男性。東へ良さげな古本屋があれば行って買い占めた本の束を負い、西へ良さげな古本屋あれば行ってやはり本の束を負い帰ってくる本の虫。「未知沼のクズ担当」 佐々木(上手Gt.) シューゲイザーを得意とする万屋。好んで聴く音楽は邦楽洋楽民族音楽までと多岐にわたる。また中尾と同様に文学も嗜む。鉱石なんかも好き。デザインもできる。写真も好き。つまり万屋。シューゲイザーを得意とするためか機材の重量はバンド内随一を誇る「未知沼のノイズ担当」 山田(Ba.) V系バンド、特にcali≠gariをルーツに持ち荒んだ青春時代を過ごす。青春時代の記憶は頭振っていた以外ほぼない。最近は「なんかよく眠れそう」と睡眠薬を養命酒で飲み込んだところ永眠しかけたらしい。それなのに「このバンド変なのしかいなぁい・・・」と愚痴を溢している「未知沼のメンヘラ担当」 以上四名である。